TEL

フリーコール

札幌ペットシッターサービスお問い合わせは

0120-924-221

FAX:011-302-3912

地域:札幌市・北広島市・恵庭市・千歳市・全道出張

24時間365日   サポートします

新着情報

2017.2.25

ホームページ修正しております。

スタッフ一同心よりお待ちしております!

2015.11.28

ビジョン・ミッション・行動指針を決めました

2015.11.28

ブログアラカルト始めました

2015.10.31

猛禽類のペットシッターも受けつけてます。

2015.3.30

4/9~12日、メールとFAXのシステムメンテナンス行います

※詳しくは店長ブログにてご確認お願い致します

2015.2.28

初回登録料金0円キャンペーン終了しました

2015.2.9

ペットシッター紹介の店長欄を素敵に更新しました

2015.1.6

エキゾチックアニマルのシッター始めました

2015.1.6

ペットシッター紹介更新しました

札保動セ登録第1102号

平成24年7月4日~平成34年7月3日

動物取扱責任者:関口善幸

ペットホテルとの違い

あなたのペットはホテル派?それともペットシッター派?

「ペットホテルに預けたけどうちの子(ペット)は合わないみたい」ということはありませんか?

ペットによって違いますが、ペットホテルに移動する際・あるいは生活環境の変化から私たちが想像する以上に、ペットはストレスを感じています。

 

ペットホテルといっても様々で、ペットたちがゲージに入れられ、人や他の動物の出入りの激しい場所におかれてしまうペットホテル、個別にゲージに入れて、時間ごとにペットの状況を見に来るペットホテルなどお預かり内容は色々ですが、ただ、ひとつ考えなくてはならないのが『うちの●●ちゃんはペットホテル派なのかペットシッター派なのか』ということです。

 

ペットホテルでストレスを感じる子、感じない子

ペットホテルでもストレスを感じない子もいれば、ストレスを感じて具合の悪くなる子もいます。

逆にペットシッターがおじゃますると警戒してストレスを感じてしまう子、普段と変わらずペットシッターと仲良くできる子、その子の性格で様々な結果が生まれるものです。

 

猫や小動物は、犬より環境の変化に敏感です。

特に小動物の場合はストレスが生死につながるケースもあります。

飼い主であるあなたがペットの性格をきちんと把握してあげるのが第一です。

 

ペットホテルと
ペットシッターの徹底比較

自分のペットがペットホテル、ペットシッターのどちらが良いか、また、数ある札幌市内のペットホテル、ペットシッターの中から、どこに依頼するのがペットにとって最良かを、大事なペットの為に、 しっかりと見定めてあげましょう。 

安 心・信 頼・安 全 性

ペットホテルの場合

ペットシッター(当店)の場合

ペットホテルは店舗営業型なので素性の確認が容易

無店舗営業型なので素性確認が困難です。

当店の特徴

※当店では身分を証明する方法として、「札幌ペットシッターサービス所属証明書(代表者)」、「運転免許証(シッター)」をご提示しております。

ペットホテルは数名のスタッフが在籍しているケースが多く営業時間帯はスタッフの目が行き届く (夜間は動物のみになる店舗も多い)

お世話は1回、約1時間が基本になります。〔散歩代行は30分~〕

当店の特徴

※当店では、1対1の密度の濃いケア、コミュニケーションにより、健康状態のチェックは勿論、普段通りのお世話をすることで動物達のストレスの軽減のメリットがあります。

ペットホテルによっては専属の獣医がいる

獣医師の行為は不可能です。

当店の特徴

※当店では動物の適正飼育に関するシッターの知識・スキルアップに常時努めています。また、必要に応じて専門家の指示を仰ぎ、適切なアドバイスをもらえるよう心がけています。

ペットホテルは多数の動物を預かるので病気等の感染の心配がある

飼い主様のご自宅に出向くため、病気感染の可能性はペットホテルより低くなります。

当店の特徴

※当店では原則として感染病にかかっているペットのお世話はお受けしておりません。ワクチン等の接種を終えていないペットも基本的にはお断りさせていただいております。駆虫されていないペットや感染病以外の病気のペットをお世話する場合は、万全を期して1日の最後に訪問させていただくことにしております。

多忙時は多数のペットのお世話をする為、個々の飼い主様のご要望に対応しづらい。また、一般的にペットショップがペットホテル業を兼ねている場合が多いため、接客、その他で多忙期は個々の状態を細かくチェックできない場合もあり得る。

 

※ペットホテルによっては、万全の体制を整えているところも多数あるとは思います。上記はあくまでも私自身の体験として挙げさせていただきました。

1軒単位のお世話なので、それぞれのお宅の事情に合わせたケアを集中的に行うことができます

当店の特徴

※1軒のお世話に集中するので細かな点まで目が行き届きます。

健康性

ペットホテルの場合

ペットシッター(当店)の場合

ペットの生活環境が変わるのでストレスをためやすい。特に猫や小動物のストレスは非常に大きい。(ペットホテルによっては狭いゲージに長時間閉じ込められる場合もある)

 

※最近では、24時間体制で、ゲージに閉じ込めず、フリースペースでワンちゃんが自由に過ごせるペットホテルもあるようです。心配な方は事前に宿泊施設を見せてもらうなど、お調べになることをお勧めします。

自宅訪問により、環境変化によるペットのストレスを軽減

当店の特徴

※自宅訪問のため、普段の環境と変わらないのが最大のメリットです。 環境変化によるペットのストレスは格段に軽減されます。

経済性

ペットホテルの場合

ペットシッター(当店)の場合

一般的に設備面での投資やスタッフの雇用費等が必要であるためシッター料金よりもやや高額

設備投資が必要ないため、料金はペットホテルよりも若干安く設定できる

当店の特徴

※当店の料金はペットホテルより若干安く設定しています。

宿泊数、頭数が増えると費用がかさむ

 

※1頭につき、1つのケージが必要になる場合が多いのでペットシッターに比べ費用がかかります。

宿泊数、頭数が増えると費用がかさむ

当店の特徴

※当店では多頭飼い、長期利用客の割引制度を設けております。また、お留守番上手のペットに関しては2日に1回などのシッター業務も可能です。ご相談下さい。

利便性

ペットホテルの場合

ペットシッター(当店)の場合

ペットホテルの多くは事前に予防接種等の接種証明書の提示が必要

予防接種証明書の提示は不要

当店の特徴

※当店では、打ち合わせ訪問時に確認させていただいております。予防接種を受けていない場合は原則としてご依頼はお受けいたしておりません。

ペットホテルまでの送迎に手間がかかる

 

※送迎サービスを行っているペットホテルもありますので事前の確認をお勧めします。

シッターが直接お客様のお宅に出向くので送迎は不要

当店の特徴

※当店ではペットのお世話だけではなく、ご希望があれば、新聞・郵便物の取り込み、植物への水やり、ごみ捨てなどをさせていただいております。